スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はろうくん

お休みのときに買った,ピンクと紫のラメ入りサンダル。ヒールも少しあって,
外で走り回る娘にはいまいち実用的ではありません。
でもお気に入りのようで,どこではこうか~という話になったら,
「子どもの結婚式ではく!」
えっ子どもの結婚式って何よ。よく聞くと,
まさに子ども同士の結婚式のことをいいたかったらしい。
りん,だれと結婚するの~?
ときいてみたら,
○○くん! と同じ組の男の子の名前。「だってかっこいいんだもん!」だって^^;
あと,時々いうのは結婚して女の子が生まれたら「りぼんちゃん」と名付けるということ。
今日は,「男の子がうまれたらね~ハロウくんにする!!」と突然宣言。
ハロウくん!? な,なんか国際感覚あふれる名前だわ。人当たりもよさそうね。
漢字にしてみた。波郎くん。人情味あふれる感じも?
「早く子どもの結婚式ではきたい!」
あの,おままごとならできますけど??

スポンサーサイト

保護者会

今日は,会社を早退して保育園の「保護者会」に言ってきました。

行事予定と「ルールを守ることの大切さ」とか今後の園の方針やお知らせで終了。
この内容ならプリント読んで簡潔に説明してもらえればわかるよな~とか思っちゃう。
昨年まではビデオで日中の様子を撮影したのをみせてくれたり,こんなことをしている,って情報があったからなおさらそう思ったのかもね。なにせ貴重な有休使ってるわけだし。。
結局,なんでがっかりしたかっていうと,,園での子どもの姿がもっとリアルに知りたかったんだろうなー
幼稚園と違って,離れている時間が長いから,内心気になって気になってしょうがない。
娘にも聞くけど,
おおざっぱにしか話してくれないし。まだ体系立てて話すのは苦手なのか,何かのおりに思い出したようにばーっと話しはするんだけど。お迎えはパパだし,そのときには先生もいないことも多くもちろん伝達事項などもない。
3歳児クラスからは連絡帳もないし,個人面談もないし。(←これが不満)
以前,日中の様子を携帯画像で見られるサービスのある保育園ってニュースを聞いたことあって,
げっこれいい! なんて思ったけど
それはそれで気になって仕事が手につかないかもしれない。。

 

ムスメの歌は ジャイアン並

りんは,自作の歌詞をこれまたオリジナルのメロディーラインで歌いきります。
初めてオリジナルの歌をきいたのは,「ラーメンの歌」でした。
「ラーメンが食べたら食べたらなくなるよ~~おっ」
この最後に「おっ」とアクセントが入るところが特徴でした。
これはなかなか完成度が高かった?んですが,
最近は,あまり考えないでつくっているのかもうよくわかりません。
あっこの音の次はこれがくる? という予測を許さない独特のメロディーと歌唱力。
時にドラえもんのジャイアンなみの破壊力です。
昨日もお風呂で,
「バラが~バラが風の上にのってるよー
なぜなぜ~」
と歌い始め,
「そして~私は~とりがとりが~赤いとりがーたべたー」
とクライマックスらしきところではなんかものすごい音階に。
歌詞がよくききとれなくって(そもそも意味が?ですが)
もう一度歌って!といったら,
「これはもう一度は歌えないんだよ」といっていました。
確かに……

格闘技

しかしムスメは,本当に格闘技が好きです。。女の子ってこんなもんですか? いや違うだろうたぶん。。
最近のブームは「相撲やろう相撲!」(家では相撲なんて見たことないのに…)
りんパパが疲れているおかげで,こちらにおはちがまわってきます。
相撲といっても最初に四股ふむだけで,あとはプロレスです。
小さくてこまわりがきくのでやりにくいし,
力ぬいていたりすると下にまわりこんで,キーック!が炸裂しほんと痛いっての。
私が10回くらい倒れ込んでもうだめだーといっても容赦はしない。
さんざん外で遊んできても,相撲やろう!が始まるんで疲れちゃいますまったく。
仮病を使えばへんなもの飲まされるし…

格闘技でも習わせたら,礼儀も備わるし一石二鳥なんじゃと本気で考えます。
でも保育園ってお稽古ごとさせにくいのよね…土日に行かせるのもちょっとだし,小学生になってからかなー
こんなに家で暴れん坊なムスメですが,意外に怒られると落ち込みが激しい。

この間も保育園で,私が自転車から荷物をおろしたりしている時に,
ダーッと保育園の門扉にかけ寄り,ジャーンプして自分で門扉の鍵を開けようとしたところを
保育園の先生に叱られました。門扉の鍵は大人があけるのがお約束らしいけど,お約束以前に絶対子どもは届かない位置にある。
遅れて私がかけつけたときには,下を向いて「……(落ち込み)」。
しばらく落ち込みは続いていました。。
最近,家の戸締まりができるようになったことが自慢だったからね。気持ちはわかる。

釣り(もどき)に燃える

5月だというのに,このさえない天気は何? 朝から雨が降ってるし。
休日こそすかっと晴れてほしいものです。これから梅雨がくるのだから……
こういう日は,りんのエネルギーがあまってしょうがない。
相撲プロレスやレンジャーごっこももちろんこなしましたよ。ええ。
パパが相手になったらもう興奮は最高潮。ずっと遊んでてほしいけど,
遊びが激しいので,パパもすぐ体力がつきる。。
その後,パパが風船でいぬとうさぎを大量に制作してくれたため,
しばらくはその風船で遊んでいました。

Img_201702

突然「悪いぬ」が現れ,平和を乱すのだが,
小さいけれども異常に強い犬(2歳)がものすごいパワーで敵をやっつける……
という話をりんがつくり,いっしょにやりました。ええ。もちろん悪いぬ役。悪さのバリエーションをつくるのも苦労します。

午後には雨も止み,15時くらいから,サンストリートへ外出。
ここはオープンモール型というんですか,ショッピングセンターで,中央ステージでは毎回何かイベントをやってます。
ここに,小さい子どもが遊べるキッズパークが新しくできまして,早速入場。
りんはエネルギーがまだあまっていたのか,風船がふわふわ浮いているなかで
暴れ回ってます。確実にほかの子よりも二倍速。
そしてここでめずらしいのは,なぜか「釣りぼり」があること。
中ぐらいの魚がうようよ泳ぐなか,釣りに挑戦します。
今回これは2度目ですが,魚は敏速。網をみれば反対方向にどっと逃げ出すし,釣り糸のえさは食い逃げされ放題。
「とれるわけないじゃーん」とあまりやる気のない母,
しかし,りんは違った。網での魚とりに執念を燃やし,走る走る。
でもとれないし……
ねえ~もう無理だからやめない? といいたかったが我慢。
それからどれくらい時間がたったか……
ついにりんが叫ぶ。「とった~!!」え~ほんとにとったの!? 網の中に魚がぴょんぴょんはねていてちょっとこわい!
すごいぞ!4歳児! 99パーセントとれないと思ってました。すまん!
(→網でとるのは全く邪道です。。今回ほかに釣り人がいなかったのでエキサイトさせてしまいました。すみません)

Img_204702

家に帰っても,寝る前も,「こーんな大きい魚とったよねーびっくりしちゃったよねー」
と目をキラキラさせ,繰り返し自慢していました。よっぽど嬉しかったんだね。

公園&病院

近所の公園やプレイルームで遊びました。その後,かかりつけの病院へ。
そう,りんはアトピーで,顔にはあまり出ないので一見わからないのですが,
首のうしろとかひじとかひざとかやわらかいところにすぐできてしまう。。
今日は漢方薬を処方してもらいました。これでよくなるといいのにね。
苦そうなので,いっしょにゼリー状のお薬レンジャーを買ったら,
これめあてで,お薬飲む飲むとうるさいうるさい。
実際飲んだら「なんかまずい……」
そりゃそうでしょ。おやつじゃないんだからねー

ちゃんづけで呼ばないで

「りんちゃんって呼ばれるのやなの」
という娘。
えっなんで? 

うーん,でもりんだって○○ちゃんとか,○○くんとかいってるでしょ?

「ちがう!○○くんは,○○くんって名前なの」(そんなむちゃくちゃな)

ちゃんは名前につけるかわいい言葉なんだよ。ちゃんがいやなんておかしいよ

(ここで「おかしい」って言葉にぷんぷん怒る。あっおかしいはまずかったか)

今度はパパが「ちゃんっていうのはいいんだよ」とかなんとか説明したら,

「だってパパだって「パパちゃん」って呼ばれたい?」

そ,それは……でもパパは名前じゃないのよ~

なぜかちゃんづけがいやになっているようです。

いえでは,ちゃんはつけてないから,それと同じように呼ばれたいのかな?

といっても,保育園でムスメだけ名前呼びつけだったら,それはそれでちょっと……

ゴーオンジャー ゴーゴー!

ムスメ:りんはゴーオンジャーが大好き。もうこの放映時間だけはすっごい集中してます。

この前のシリーズのゲキレンジャーが終わるときには,それは悲しみ,
保育園の先生にまで「ゲキレンジャー終わるのやだ!」と泣いて訴えていたのに,
ゴーオンジャーが始まったとたん,もうゲキのことなどすっぱり忘れ,
ゴーオンジャーに?打ち抜かれたもようです。
前回のぬんちゃくとか流派とかねことかペンギンとかの世界からまた変わり,
今回はサーキットがテーマ? 車が合体するのは,もろおもちゃの大写しなわけですが…
もう画面釘付けです。。
けがれシア軍団のキャラ展開もわかりやすいし,
子どもが喜ぶ要素満載じゃないでしょうか。
りんは特にゴーブラックが好きらしい。
推定20代前半だが,すでに元刑事の前歴あり。しかし風邪には,寒風まさつだぜ!と
突然実践したりするどこかずれたおやじキャラ。ゲキレンジャーのときもゲキバイオレットが好きだったし,
渋い趣味だわ…
続く仮面ライダーキバは,けっこう親が楽しんでます,ムスメにはわかりにくい?のか
すぐ飽きてしまいます。。

浦安の交通公園&若潮公園

浦安の交通公園(山があるほうは若潮公園らしいんですけど,一体的な公園です)に行ってきました。
ここは,大人の目からはそれほど広大!というわけではないんだけど,子どもが喜ぶ必要充分な要素が満載です。

ヤギやカピバラ,ラマ,ワラビー,ハムスターなど小動物がいるほか,へび,亀や魚などの水中生物も子ども目線の水槽で見れます。この日は透明な魚特集をしていて,夏になるとかぶと虫特集なんてのもしてます。

Img_193602
モルモットやうさぎにも触れ合えるし,コモンマーモセットという小さな猿(顔が妙に端正なのよね…)
にえさをやることができます。ポニー乗馬も多いと抽選になっちゃうけどできる。(無料)
いろいろな自転車に乗ることもできるし,砂場やすべり台など公園もありで,小高い丘では山登り??もできます。
さらに嬉しいのは屋内施設もあり,パズルやブロックもできるし和室もあるし上映会もやっている。ちょっと大きくなればローラースケートもできる。
ショップではかき氷やメロンパンも売ってます(このメロンパンが焼きたてで最高においしいのです!)
浦安にすんでいた頃には,ほんとによくお世話になった公園です。
りんは帰りにはいつも
「帰りたくない!」の大号泣で苦労したもんです。
いまは引っ越して少し遠くなってしまったため,以前のように通えつめないのが残念です……

帰りには駅ビルにちょっと寄っていろいろ見ていたら,りんが白い帽子をもってきた。
かぶってというのでかぶると「お似合い!」「ちょっと鏡みてみて」
「買いなよ~ママも帽子買いな!」とうるさいうるさい。
なんでも自分も白い帽子をもっているからおそろいっぽくしたかったようです。
気持ちは嬉しいよー。ちょっと心は動いたが,値段もそれなりだし,つい最近帽子買っちゃったからなーと断念しました。

ムスメの正論

また行船公園へ行ってきました。
大きなすべり台のある公園でひとしきり遊び,
途中ベンチでアイスクリームを食べたり。
食べ終わったあと,「ちょっと遊んでくる。そこで待ってて!すぐに戻るからね」
と言い残して公園にダッシュ。私はかき氷を食べつつ,
ほ~っとぼんやり。
しばらくして……そこからは遊ぶ姿が見えにくいので,移動してしまったのですね。
で,ちょっとメモを整理したり,目を離してしまったところ。。
娘の姿がない。まあよくあることよ,と見渡すと,公園の管理事務所にすたすたと歩いていく娘の姿をとらえました。
「迷子になりました」と自己申告していたらしいところをあわてて迎えにいきました。

ムスメは「待ってて,ていったところからママが離れたら,りんがわからなくなっちゃうでしょ。」とぷんぷん。
もとのところに戻ったら,私がいなかったんで,すぐに管理事務所にいったらしい。管理事務所の人にも、「すごくしっかりしてるのよ~」と褒められた。
なんか,今までさんざん私のほうが「ママから離れたらだめでしょ!」と叱ったり説教してきたんだけど,逆の立場に!?

そう……りんは昔からほんとにすーぐどこかに行ってしまう子で,ディズニーランドやらショッピングセンターではさんざん迷子センターにお世話になってます。そのせいか迷子になると,自分で「迷子になりました!」と自己申告にいったりもする。。
この間はお店で会計をすましているときにいなくなり,職員さんに見つけていただきました。すみません。
「仲良くなったお友達がいたみたいで,楽しそうに遊んでいました」らしいです。併設の公園で遊んでいたみたい。。そこ,迷子になった場所からはけっこう離れていたんだよね。。

でも今日はママが悪かった。あなたは正しい。りんも成長したものよ~

親子遠足

はー寒かった! ニットのパーカーしか着せなかったのは大失敗。
お出かけ大好き親子なのに,朝ばたばたしてしまい,肝心なときにはずしてしまうのよね。。

天候により,保育園の親子遠足は予定変更で上野動物園となりました。
行きのバスではいつも昼食の前にしているという「なぞなぞ」をして,わかった人が手をあげて答える!ということをしてました。

りん,すべてのなぞなぞに積極的に手をあげるあげる! 
しかし2回さされて2回ともまちがっちゃいました。
「土のうえは緑で土の下は赤いものは?」の答えは
「トマト!」いや惜しい気もするが…土の下にはトマトはない。正解はさつまいも。
「入るときは1つなのに,出るときは2つのものは?」
「靴下!」(入るときにも2つだぞ~)2問めのときには,さすがに小声で正解を促してしまいましたよ。
それで再度手をあげてやっと正解にたどりつきました。。だから3回も答えている。
いやーささいなことでハラハラするもんですね。。しかし間違いをおそれない姿勢はえらい! 

そして動物園に到着!パンダのりんりんが亡くなったと聞いていたりんは,パンダの記念撮影スポットで突然うつむいてしょんぼり。
「パンダ死んじゃったんだよね。地震があったから?」
…あの,朝四川省の地震をニュースでやっていたので,それと結びつけたらしいです。
中国ってキーワードはいい線いってる。
「地震ではなくて,おばあちゃんになったからだよ(あれ?メスだっけ)。」と説明をすると,
また「なんでおばあちゃんになると死ぬの?」と質問が続いていきます。。

りんは動物は大好きだけど,なぜかトラは恐い。
それもこれも,パパが何か悪いことをすると「トラが来るぞ!」とおどしているから。
まったくトラもいい迷惑だよね。
これを先生にいったら「これぞトラウマね!」と決まった!という感じでしゃれをいっていました。。
いつもはハイテンションのりんだけど,
そぼふる雨と寒いのと途中空腹で(朝食足りなかったか?)
「おながすいたー」と力が出ない。
やっとお昼ごはんを食べ,パワーアップして爬虫類館へ。。
ここではお友達とはりきってまわっていました。私はいやーあったかくて天国かと思いましたよ!
結局天候は回復しないままだったけど,お母さん方とも少し交流がもてたし,
それなりに楽しかった動物園でした。

ギザギザハートとハートの心臓

娘は最近骨の本(保育園にあるらしい)をよく見ている影響か,
「骨も頭も心臓も足と手も,人間はみんな大事なんだよねー」といってきます。
「歯は骨なんだよね?」ときかれたんだけど,あれ? 違うよね。でも何でできているかというとすぐに答えられない。(調べたらアパタイトとかいう物質らしい)。
とにかくふだんから「自転車はなんでできているの?」とかいろいろ疑問が多いんで…まあ,自転車ならアルミとか鉄でできているよと答えられるけど,そこからまた鉄って何? どこにあるの? ときかれる。
えーっとそれは石の中にあるよ(!?)と答えてみたが,それでいいのか自問自答。

それはさておき

心臓にも娘なりの解釈があり,

ハートの心臓をもっている子はやさしい
ギザギザの心臓をもっている子は怒りんぼう
さんかくの心臓をもっている子はしょんぼり

なんだそうです。りんもママもハートの心臓で,パパはギザギザの心臓だって
そのあと,りんがちょっとしたことで怒っているので「りんはいまギザギザの心臓だね」というと,
「ギザギザハートになっちゃった!」と笑っていました。心臓は変幻自在。

あと恐竜も大好き。
なかでも
「かめ恐竜が大好き!」だそうです。かめ恐竜ってステゴザウルスですかね。
恐竜はどこにいるのかいろいろきかれるので,
この世にすでに恐竜はいないんだよ,人間が地球にいないときにたくさん生きていたんだよ,
というようなことを教えると,本当に悲しそうに「そんなのやだ!」と下を向いて落ち込んでしまいました。
でも,本や映画のなかでは会えるよーと言うとそれはごまかしとわかるのか「それは違う!」とまた怒る。
現実との違いはしっかり理解しているようで,
「○○していると,しまじろうに怒られるよ!」なんていおうものなら,
「しまじろうはこの世界にはいないんだよ(ママそんなことも知らないの?)」なんでいわれちゃうのよね。

しかし…ゴーオンジャーとか骨とか恐竜,プロレスが大好きって…
でも,ハートやピンクや可愛いものも大好きで,おしゃれにこだわったり,
料理の手伝いも大好きだったりするのはやっぱり女の子?って思うけどね。

ムシ探しの×

りんは虫とか動物が大好きです。保育園でも,園庭で遊ぶときは,よく虫探しをしているらしい。
昨日は,「虫探していて,赤ちゃんクラス(←1歳児クラス)の庭に3回入っっちゃたから,もう虫探しはだめ!といわれたの」とわかりやすいくらいに悲しいトーンで話してくれました。
虫取りの袋も取り上げられたらしい。「でも○○ちゃんと○○ちゃんは許してくれたの!」(悲劇のヒロイン調)とかなんとか…
(本人の独白によるものだからよくわからないところもあるのだが)
約束を破って怒られるのは,しかたがない。本人のためにもよいと思う。
しかし赤ちゃんクラスの庭ってなんだろう? 何となく,芝生のあるあの一角? と想像できるが。。
ただでさえ狭い園庭で窮屈だなー。赤ちゃんクラスといっても,1,2歳児(ここは延長保育はないので0歳児クラスはなし!)。
ここに引っ越す前は,千葉の保育園にいたけれど,園庭は広くて部屋の日当りもよかった。。
りんが1~2歳のときには十分運動能力は発達しており,広い園庭中,上のクラスの子と一緒になって走り回っていたよ。

いまの保育園はその点は物足りないなと思ってしまう。まあここは東京の下町。
土地の問題もあり庭が狭いってのはしかたない面もあるけどね…
しかも午後は,庭では遊べないらしい。
「とびたい,はねたい,暴れたい!」りんにはご不満のようです。

母の日

疲れて仕事から家に帰ったら,ムスメが「今日は母の日だから,ママにお花をあげるの!」
とカーネーションを一輪くれました。

Img_175802

ちょっと台詞が棒読みで事前に覚えさせられたな?(笑)と思わせますが,とっても嬉しかったよーー
「枯れないお花もあるよ」とこちらは造花のカーネーションがぬいぐるみにも一輪。
そういえば,自分って母だったのねと今更ながら。。
しかし娘はカーネーションと薔薇を混同しており,私を「バラママ!」と呼んだりします。

休日出勤

今週の土日は仕事です。
年に何回か休日出勤があり,これまでも出て行くときはそれはもう大号泣で収集のつかない状態になったもんですが……
りんも大人になってきました。
前日に,明日仕事なんでりんと遊べないんだよ,ということを告げると,
「りんの寝ているときにいってね!」ときっぱり。
翌日,寝ているときにいくはずだったんですが…ムスメは早い時間だというのに起きてしまいました。。。
出ていくときにはやっぱり泣いてしまったけど,2~3歳のときと比べるとちょっと抑制がきいている(というか前が爆発しすぎ)
5分後には「立ち直った」といい,絵をかき始めたたらしいです(ダンナ談)。。

行船公園

 ゴールデンウィークはたいした遠出もせず,手頃な公園(いつもいくような公園)
を周遊していました。
そのな かでも,行船公園は私もムスメもお気に入りです。
コンパクトななかに,動物園(それも無料!),大きなすべり台のある公園,日本庭園,ザリガニがとれそうな池やらがあり,お父さんには釣り堀もあります。公園としては,パーフェクト!
 といってもよいかもしれない。
江戸川区はそのイメージとはうらはらに,区内でいちばん(千代田区という説もあり)
公園面積が広いらしい。意外と楽しめる公園が多いことは事実です。。
総合レクリエーション公園もおすすめです。

さて動物園のほうは,レッサーパンダやプレリュードック,猿などの小動物が中心だけど,
まじかでゆったりと見られるのがいい。

Img_146502_2

 あとはなんといっても……モルモットやうさぎ,にわとり,ヤギや羊に触れられるコーナーが大人気。
ここでもうさぎは争奪戦。にわとりはその点,競争率が低く,ムスメはがしっと抱きかかえ,よしよししています。上野動物園では3歳のときにすでに両手にわとり抱っこをしていたっけ。。

Img_148502_2

ツイッター
ここで近況をつぶやいています
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ほず

Author:ほず
保育園年長の娘(リン)、ひとつ年下のダンナ(自称ワニガメ)、東京の片隅に暮らしてます。37歳で娘を出産、遅め育児の進行中、自転車&バスでのお出かけ大好き、娘とリンリン、どこでも参上いたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。