スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語力に自信あり!?

最近の娘、英語力をにわかに身につけたようです。。

「ライオンはね~英語でなんていうか知ってる?」
なにかきくと、「アイオン!」
ほぼそのままじゃん。
でもイントネーションがそれっぽくて、彼女は自信に満ちている。続いて
リンゴを「アッポー」、ももを「ピーチ!」までは私もジュースの名前でわかるけど、
きゅうりを、「キューカンバ~
なんて、親も知らない単語を繰り出す。 

「すごいね~」と褒めると

「あのね~お友達の名前も全部英語でいえるよ!」と調子にのってきた。

「はっ~と~」「みっ~き~」という感じで延々続きます。いいかげん止めようと、
じゃあ、これは? と本にあったマルの形を指差してみました。

セイ~コ~」 
聖子ですか? (いや、彼女は聖子は知るまい)

「じゃあこれは?」と四角い形を指差すと、と「これはね~かっこいいよ」といって
シャーク!!」とびしっときめた。
サメ?

ついでに三角はときくと、「サンカ~ク!!」
あの、英語ですか?������

しかしこれらはベネッセのこどもチャレンジ イングリーで磨いた英語力(!?)
このなかに、ペンタッチ型のボードで、いろいろとシートを取り替えられる「イングリー」という教材があるのですが、けっこうこれが面白いみたいです。

DVDも一生懸命みていて、そのなかにイングリーが夜になるとごそごそとおきだして、ほかのイングリーたちととびまわるという描写(つまりお片付けしなさいよといいたい)があるのですが、娘はこれを本気にしていて、
「夜になると、イングリー、起きだして空飛ぶんだよね~不思議」とかいっています。。不思議は君だ!

スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

自転車ダイエット

最近、娘に「ぷにゅぷにゅ~」とおなかをさわられます……

「ママやせたほうがいいかな~」というと、

「大丈夫だよ! ママ太っちょでも!」 あの、太っちょ

しかしすぐに、

「あっちょっぴり、ちょっぴりだよ!!」と身振り手振りでフォローに走る娘……

ダンナ(←言いたい放題)に何言われようと無視!だけど娘に気を使われるとつらいわ~。
巷ではバナナダイエットとか流行っていたけれど、私には耐えられそうもない。。
そうだ! プールに行こう! と今回は自分の目的もかねて、夢の島プールに娘といってきました。

パパは風邪でダウンしているし、いつもは自転車&バスでいくけど、今回は最後まで自転車でいってみよう! と思いつき……

途中までは快適だったのですが、夢の島へと向かう道は大きな道路で空気が悪い。。
リンは黒いサングラス(なぜ?)をかけ、「大丈夫だよ~」とすましていましたが。。
結局40分近くかかってしまいました。

スライダーは夏のみ運転、もっぱら2つある子どもプールで遊びました。そのなかで、クロールする私に、のしかかってくる娘。く、苦しすぎる!

めちゃくちゃフォームですが、娘10メートルくらいバチャバチャ泳いで?います。
なのでプールの両端から双方でスタート、出会ったところで止まる!
という遊びをしました。すると、
娘そのつどゲラゲラ大笑い。なんでも水中で出会う私の顔が面白いらしいです。それならば!と図にのっていろいろな表情バリエーションつけていたらこっちも疲れた。

そんなことを繰り返しながら、たっぷり2時間くらい遊び……

また40分かけて帰ってきました!

しかし帰りにアイスクリーム食べ、帰ってからもごはんがおいしかったんで。。
消費したカロリーはすっかり取り戻してしまったようです。

全然体重かわりません!(そんなすぐ減らないか……)


まあ、でもプールでの全身運動は、けっこう心地よい疲れであまりあとに残らずいい感じです。

続きを読む

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

娘のつっこみ

5歳児、まだまだ幼児っぽい、天然な会話が多いんですが、最近、何気ない一言に「おおっつ」と成長を感じたのであります。

たとえば……

以前の彼女なら、バスにのり、流れる雲をみながら……
「ねえ、あの雲はどうして追いかけてくるの? リンが可愛いから?」

あるいは……保育園で先生が髪をおさげにしてくれている間、鏡をみながら、
「先生、どうしよう~リンどんどん可愛くなっちゃう!!」

って感じの天然乙女発言満載。

しかし最近では、1歳のころの自分の写真を見て、
「わ~りんの赤ちゃん(赤ちゃんのころのリンのこと)可愛い~。このときこんなにかわいいから、つながって、今も可愛いんだね!」といってから、

って自分でいってるし!!
と冷静なつっこみを入れられるようになってきました。

いや~あたりまえのつっこみですが、
今までのリンワールドから一歩抜け出たというか、一皮むけたというか、何か成長した証を感じたのです!!

考えてみると、娘、最近、何か突っ込みが多くなってきたな。私のほうがぼけ役?かもしれない。

テーマ : 5歳児の日常
ジャンル : 育児

お化けの存在

娘は夜10時就寝。ほんとはもう少し早く寝かせたいのだけど、いろいろ頑張っても無理でした。「だって眠くないんだもん! 眠くないから寝ないんだよ」と泣き出したり。

保育園でも2時間くらいお昼寝しているらしいし、もういっか~と。

でも、なんとか10時前就寝は守らせたいわけで、
10時過ぎるとお化けがくるんだよ! 寝ていないのが見つかると、つれていかれちゃうんだよ!」
と部屋を真っ暗にしてしまうんですが。。

最近は、「お化け」の存在にも興味ありでいろいろ聞いてくるんです。
もちろん怖くて「お願い、もうその話はしないで! お化けっていわないで!」
といいながらも怖いものみたさというか……

「ねえ、お化けってやわらかいんでしょ?」

「そうだね、ブヨブヨっていうか(ホントかよ!)」といってから、

「あっでも見えないんだよ」ともっともらしく解説。

「ねえ、お化けはどこにいるの? 人間とは違うかたちなんだよね」

「うん、人間とは違うかたちだけどちょっと似ているものもいるよ……」

「ママ~お化けは小さいところからも入れるんだよね。かぎのところとか……(←お化けのてんぷらという絵本の影響)」

「入れるよ~ほら……あそこから……」て感じでもっともらしくふりかえり、おどしたり……

「ねえ、ママはお化けはこわくないの?」
ともきかれるので、

「ママはお化けはこわくないんだよ!だって大人だし。きたらパンチ一発で追い返すよ!」

「えっお化けはさわれないよ!」とつっこみいれられたり。。

そんな感じでお化け話で娘をおどしていた私ですが。。

この前、会社でつきあいのある方がいっていました。

「娘が夜、体が重いっていうから、知り合いの霊感のある人に家みてもらったらね、
20代の女性の霊がいて、うちの娘たちと友達になりたくてきてしまうらしいのよ~!」

「ええ!!」

それだけではなく、

「もう一人いるらしいの! 本棚のところにサラリーマンがいるのよ~!! 何か立っているんだって」

えっサラリーマンが本棚に!!!! なぜそこに? いったい何が! 

なんでも悪いことはしない霊だそうですが。。

「娘の学校、カトリック系なので、そこの先生に祈ってもらうかしら~」(そ、それで大丈夫ですか!?)

大人になっても、やっぱりおばけはこわいもんですね。。

テーマ : 女の子育児
ジャンル : 育児

将来は何センチ

この間の運動会でも思ったことですが……
娘、でかいわ! 頭ひとつ抜けてるよ! 

5歳と2か月で、もう113センチあります。
4歳のときに、「何年生?」ときかれ、「4年!」と答えてしまったら「まあ、4年生?」とそのまま話をすすめられたり……(まあ、かなりとぼけたおばあさんでしたが……)

この間は、ショッピング最中に、おなじ組の男の子と会い、そのママと話しているうちに二人の姿が見えなくなるということがありました。
しばらく探していたら、「○○ちゃんがお母さんをお探しです」とその男の子だけの呼び出しがあり……

サービスセンターへいってみると、「リンちゃんが、ここに連れてきてくれたの~」とお友達。
リンは、

自分も迷子

という立場も忘れ、
「この子が迷子になったの~」とサービスセンター(すでに行き慣れた…)へ直行し、お友達だけ預けて自分は「じゃあよろしくね」とばかりに逃走したらい���Ƃ�

そして、サービスセンターの人は、お友達より上のお姉ちゃんが、心配して連れてきたと思ったらしいです。。(その後、リンは別のエリアをウロウロしているところを無事発見)

将来何センチくらいになるんだろう? でも、自分も身長160センチくらいで、まあ小さくはないけど、べらぼうに大きくもない。パパも大きくないしな~と思っていたら、両親の身長で子どもの身長を予測する計算式というのを発見。
ココではかってみました。

すると、娘は158センチと出た。普通じゃん! バレーボールするとか、スーパーモデルになる(←ありえない)ならまだしも、やっぱり高すぎるといろいろ不自由もあるかもしれないしな~

ちなみに、私の父は180センチ近くあり、母は152センチくらいと凸凹コンビ。これで計算してみたら、自分の身長とほぼ一致、兄の身長も一致しました。

とりあえず、本人は、いまクラスで背の高い3人のうち1人であることがけっこう自慢らしいです。

テーマ : 5歳児の日常
ジャンル : 育児

絵本っていいかも

けっこう、絵本好きな娘。夜寝る前には、絵本を読まないと寝ない。
1年くらい前から、童話館ブッククラブというのに入っていて、毎月、その年齢にあった、いろいろな出版社からの絵本が2冊配本されます。年に2回は大人向けの本(←全然読んでない)も入る予定で、今月もきてしまうらしい。
で、いまこの配本をやめるか悩み中。。

何がくるかわからない! という楽しみもあるけど、しかし好みにあわないのはいっこうにあわないわけで。

娘の好みの絵本には、傾向があります。

まず、動物が出てくること。そして食べ物が出てきてさらにおいしそうなこと!

昔からのお気に入りを遡ると……

これは有名ですが、リンゴやナシやチョコレートケーキやさくらんぼパイを食べて食べておなかが痛くて泣いたあおむし。葉っぱを食べて元気になりたくさんたべて満足してふとっちょになって……最後には蝶になる。絵もとってもきれい。
はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カールもり ひさし

商品詳細を見る


しろくまちゃんのホットケーキはもっと小さいころにお気に入りだった本。
ホットケーキがしゅわしゅわぷくぷく焼けていくようすが特に好きで、もう暗記していえる。

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
(1972/10)
わかやま けん

商品詳細を見る


童話館からの配本では……
400万匹のハチの群に困った村の人が巨大な巨大なパンにジャムをぬってハチをおびきよせ、ジャムサンドにする(←これはあまりおいしそうでないけど)「ジャイアント・ジャム・サンド」とか。あと食べ物じゃないけど、「しずかでにぎやかなほん」は、文章がきれいで絵がキテレツで、リンは最後の「考える男」のカットになぜかゲラゲラしていた
しずかで にぎやかな ほんしずかで にぎやかな ほん
(1996/09)
マーガレット・ワイズ ブラウンレナード ワイスガード

商品詳細を見る




そして……童話館はじまって以来の反応をみせたのが、これ。なんといっても、見開き2ページにわたる、さまざまな面白パンが美味しそう!
からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
(1973/09)
加古 里子

商品詳細を見る


この本、意外と文章量あるんだけど、
なんと自分で声に出して読んでいる! (半分暗記も入っていると思うが)
つい最近までは、1行くらいがせいいっぱいだったのに(「きる」とか「こわれる」とか)すっごい速度で成長しているよ! とほんと驚いた。

だいたい途中で「まだこんなにある~だめだ~」とつっぷして私が読みますが。。
めちゃくちゃ好きな本ができると、教えなくてもがんがん読み始める! これは意外といいなあ~と思ったことです。おすすめです。

ところで、アマゾンの画像ってすごく簡単にブログにはれるのね。びっくりです。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

運動会

「明日は燃えるよ!」と布団のなかで宣言していたリン。特に玉入れにはやる気満々で、白組は勝つからね~といっていました。
そして迎えた土曜日当日! 娘が楽しみにしていた保育園の運動会です。
小規模な保育園なので、そんなにあせる必要もなく、開演10分前に到着!
と思ったら、いいポジションはやはり埋まっている。。
「ああ、開演じゃなくて、開場10分前にいくんだった!」と思い出す。
まあ、後ろだと思う存分立てるしね! と思い直して……
運動会が始まりました。
まずはじめはかけっこです。全体的にのんびりムード。
娘は、昨年のようにフライングすることもなく、2着に入りました。

3歳児より下のクラスはみな親と一緒演技。いちばん下の1歳児クラスなど、散歩しているだけ! でもそこに存在しているだけで、可愛さ爆発なのよね~

順当にすすみ、ついに玉入れが始まりました。娘は入場のときに大きく手をふり、アピール。そしてスタート!

IMG_378202.jpg

ひときわ高くジャンプするピンク色の服を着ているのがリン。何か踊ってる感じ?
そりゃ昨日からはりきっていたもんね。
しかし……白組負けました。2回目も負けました。
そこで終わらせないのが保育園。
次は、玉入れお片づけ競争です。
これにはみごとというかなんとかというか勝利して、わーいわーいと喜びまくる白組でした。

親が参加する競技は2つあり、ダンナは眠そうなので、2つとも私が参加しましたよ~
1つめは、希望者のみで、色水もって走るリレー走。。2つめは、変身もの。。
親子一緒に走って、拾ったカードに書いているものと同じ袋から衣装を取り出し、子どもに着させるというもので、娘はカエルでした。

先生によると、「カエルがいい!」といっていたらしく(お姫様とかいろいろあるんだけど……)念願かなって嬉しそう。。

最後にその衣装で席まで戻るんだけど、娘はカエルになりきり……

ぴょーんぴょーんとはねて帰っていました。なんか観客席から笑い声も聞こえたぞ。。

このカエルは、ぜひ撮って将来のネタにしよう! とダンナにカエルとれた?と聞いたら、残念なことに……デジカメのバッテリーが切れてました。点検したときには満タンだったのに������ 

最後は、リレー走。
年長組のお兄ちゃんで、バトンを渡されなかった(前の子が行き過ぎて)ため、スタートが遅れて、つっぷして号泣していた子がいた。すると先生がかつぎあげて疾走。すごい。
走り終わってもまだ立ち直れなかったみたい。きっと最後だし、思い入れがあったのかな~

リンはまたはりきって走ってました。みんなで応援しあったりかわいいわ~

と、そんなこんなで、午前中で運動会は終了!! 

で、実はこのあとも木場公園のお祭りにいったりし、1日疲れてバタンキューでした。
馬や羊やモルモットなどの小動物コーナーにもはまっていたけど、
IMG_019402.jpg



貝殻をフォトフレームにはる手作りコーナーにも随分熱中してました。拾ったどんぐりもついでにつけたり。
IMG_023302.jpg
IMG_023602.jpg

本人もすごく気にいって、その後、自分のドレスアップ写真を入れています。。

テーマ : 保育園児日記
ジャンル : 育児

魔法の花

「ママ、大変、大変だよ!」
と娘が叫んでいる。

「何~どうしたの~」

「あのね、リンの花がお水を飲んでいるの!」

そりゃ、花も水すうよ、と娘が指差す方向をみると……

この花だった!
IMG_017602.jpg

ストローと紙でつくった、リンの自作の花。
部屋のすみにおいやると、必ず「だめ、ここにおいて!」とリビングのテーブルの真ん中におく。そして、ちゃんと水もいれている。
その水が、みたら少なくなっていたらしい。

魔法だね!魔法だよこれは!!

「本当だ、これは魔法だわ!!」と私も同調。

「リン、これにじの花って名前にした。魔法が使えるから!」

にじ? 魔法と虹ってなんかつながるのかい? 
そういえば、ハリーポッター見ていたわね……

その後、「にじ」とネーミングした紙をはっていました。

そして、水をあらためて取り替えていました。

天然パワーで今日も元気な娘:リンでした。






sunamoスナモへゴー

三連休は、自転車の補助輪はずしに挑戦! でも本人根性なしで失敗~���Ƃ�したり、実家にいったりお医者さんにいったり……最終日は、「そういえば大きいショッピングセンターがオープンしたんだっけ!」と早速「スナモ」(東西線の南砂町)に自転車こいでいってきました!
1階にイオンやホームセンター、2階に家電のコジマ、うわさにはきいていた西松屋やユニクロなども入っていて(もちろん雑貨屋さんも多数)これはけっこう使えるかもしれない。
でも本日のお目当てはここ! ボーネルンドのキドキド。
IMG_368202.jpg
わりと広いです。リンは早くも興奮ぎみ。。
何かといっしょにやろう~と誘い込まれ、ぽんぽんぽんぽん私もはねました!日頃の運動不足をここで解消するわ!! 「ママ、踊っているよ!」といわれたけど気にしないわ~
IMG_369402.jpg
エアトラック(下の写真)でも一緒にはねていたら勢い余って下に落下……
「だ、だいじょうぶですか!」と係員の人がとんできました……(恥)
IMG_3722_102.jpg

このドーナツみたいのも面白そう。サイバーホイールというらしい。係員の人が交通整理。みなおとなしく並んで待っています。リンはものすごい速度で回転。前についたら、今度は後ろ足でけり、あっというまに往復。

IMG_370102.jpg

このほか、巨大な絵本もある絵本スペースとかボールプールとか、おままごとスペースとかもあり、大人用の休憩スペースもあるんで(あまり休憩できなかったが……)、買い物帰りに遊ばしておくにはうってつけです! 

30分で子ども500円(その場で会員になれば)、大人300円
この日はプラス延長料金500円でした。。

この日は、まだ娘のエネルギーがあまっていたため、公園で遊び、その後スポーツセンターのプールにも行きました。。それでもまだ遊び足りないようす。どんだけありあまってんだ!

どんぐり拾ってジブリ美術館

三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。リンの人生初の映画は「崖の上のポニョ」。最近もぽーにょぽにょぽにょ���� とふりつきでうるさいほど歌い踊っているし、ポニョに会いにいこう! と誘っていくことに。
以前は吉祥寺や三鷹あたりに長く住んでいて、井の頭公園は、私の憩いの森~。
懐かしくて、リンより私のほうが行く気満々。そのわりには出発が遅くなり。。

お昼ごろに到着したんで、吉祥寺の「シルバニア森のキッチン」へ。ここは、シルバニア好きの人にはたまらない、シルバニアてんこもりのレストラン!

森の仲間たちが「ようこそ~ご注文は」ときてくれる姿を想像していたらしいリン、(というか私が教えたかも���Ƃ�ふつーに店員さんでした)「シルバニア、来ないよ~」と、少々ご不満のようでした。

平日のランチということもあり、どちらかというと、幼稚園児より下のお子さん連れが多い印象。小さい子向けのプレイルームにビデオもあり、もちろんおみやげのシルバニアもいっぱいです。ねだられるか!と思っていたら、200円のがちゃがちゃで満足してくれました。

ジブリ美術館は14時の予約。そろそろ行くか~と散歩をかねて、井の頭公園へ!
しかし晴れていたはずの公園がなんとなく雲行きがあやしくなってきた。。
IMG_361202.jpg
途中で、どんぐりを発見。まだ青いどんぐりを夢中で拾いました。
その後、何か大きな栗のような実も発見。「これは、トトロの実だよね? なんかそんな感じする!」とリンも興奮気味。公園でよくみかけるいつものどんぐりもありました。
その後とった写真です。
IMG_013402.jpg

こぶりの青いどんぐりは、シラカシ、大きいのはくぬぎ、茶色いのはマテバシイ。
(←すべてベネッセのしまじろう「もっとふしぎはっけん(どんぐり特集)」に教えてもらいました。)ありがとうしまじろう!(無知なもんで)

とのんびりしていたら、ジブリ美術館がわからなくなってきた。吉祥寺からだと予想以上に歩くみたい。やはり迷っているらしきカップルのあとをついていき、やっとたどりつきました。

トトロの受付、はにせもので本物の受付をとおって入場! 入場券は35ミリフィルム。窓のステンドグラスとかランプとか、ドアノブとか細部にわたって趣向を凝らしていてわくわくさせられます。とても雰囲気のある可愛い美術館です。トイレも可愛くて、リフォームしてこのトイレにしたい!と妄想が広がるほど。館内はすべて撮影禁止のため、写真を撮れないのが残念!

そしてやはり、リンのつぼにはまったのは、トトロに出てくる「ネコバス」でした。マックロクロスケも満載。みんなぽんぽんとびはねて興奮状態。大人は入れないのよね。。でも入ってみたい…と誘惑にかられました。「なかがふわふわー気持ちいいよ~」らしいです。

土星座というところでは、15分のミニシアターが見られます。なかに出てくるアニメは、なんだか素朴(ジブリの絵ではないようです)それなりに不思議で起承転結もありこのくらいの長さがちょうどいいかも。

展示物は、いくつかの小部屋に分かれ、創作過程がかいまみえます。崖の上のポニョのカット割のラフスケッチのようなものもあり思わずぱらぱらと見入る。「小さなルノワール美術館」という企画展もしていました。しかしリンは「速くいこうよ~」と速攻去る! ちょっとこのモナリザを見なさいっての!

レストランもいい感じ。入らなかったけれど、待ち時間には絵本が読めるといった配慮もあります。外のカフェでアイスクリームを2個も食べたリン。こぼしてるし~!着替えがあってよかったよ。。

屋上には、巨大なロボット兵。お約束のパチり! 
IMG_363202.jpg
そんなにたくさんの展示物があるわけではないけれど、雰囲気を楽しめる美術館です。

ところでジブリ美術館は、ローソンでチケット予約が必須。そのうえ、土日は1か月前でも埋まっていることが多くなかなか行けず。。でも、平日なら全然OKで、私は1日前に予約できました~

お手紙の暗号

最近はお手紙がブームなのか、やたら「はい!」と渡してくれます。


お手紙は、もはやシリーズ化している「パンダ」とか……IMG_226002.jpg


これはサンタさんへお願いする!といいだし、書いたもの。何かテレビのCMで見て、それが欲しくなったらしい。


IMG_012502.jpg



横になってしまってみづらいですが……


「さんたさん、りいえすお(を)ほしい」です。りいえす? 一応解説するとDSです。いやどうしようかと考えちゃいます。もうDSほしいなんていいだすとは! 犬を育てるシュミレーションみたいなやつですが。。
しかし左利きなんで、鏡文字やら文字方向が突然逆になったりと……これは母にしか解読できない!!



しかし……



娘がお友達からもらったという手紙をみて驚いた。



いきなり、表紙が



HPFOB」と英語です!!



開けてみると、「日」とか「用」とか「月」とか漢字までが! カタカナもある!



読んでみると



日せボるきも用 用し月る Eろま♡ ろるもヒ♡



などなど……宇宙からのメッセージですか!



4~5歳児の世界にしのみ通じる秘密の暗号!? 



でも、娘は「教えてもらったんだけど、忘れちゃった~(笑)」とわかっていない。



いや意味はともかく、すごく字が上手なので驚きました~



しかししかし……左利きって直したほうがいいのかな? (いや書くのだけはやっぱり右のほうがいいと思うんだけどね。。なんでも女の子のほうが左脳と右脳の連結? が柔軟で、わりとすんなりいくらしいのですが。ほんとですかね……








引っ越しました&帰ってきました

9月から初めてまだ1か月ちょっとですが。。ココログからこちらに越してきました! 更新は今後はこちらでしていきます。どうぞよろしくお願いします。
なぜ越したかというと……
会社のPCでこっそり自分のページを開いてみたら、開かない!30~40秒かかります。
いや、会社で更新しないですよ、さすがにそれはさぼりですから! 動作確認ができないとかいうことで、相性の問題らいしですが(でもココログ以外はちゃんと見れる)ひそかに引っ越しを考えていました。
いろいろ調べたところ、miというソフトで文字コードを変換したら、意外なほどあっさりインポートできました。でも(まだ全部は見ていないのですが)文字化けしているところもあるみたいです。時間をみて、少しずつ直していこうと思います。

ところで……土日と貴重な? 休みをつかっての出張(大阪)から帰ってまいりました。仕事自体は体力使うわけじゃないんですが。。拘束時間が長いため、観光もできず(←だからそれが目的じゃないって)、精神的に疲れます。日曜日の夜11時過ぎに帰ったら、さすがに娘はグッスリ就寝。

いくまえに、娘は、目をうるうるさせ、こういいました。
「ママ、お手紙かいたから。リンのことを思い出したら、このお手紙をみてね! このカバンに入れておくから!」

そのリンの手紙には、ものすごく大きな下手な字で、
ママ、いなくならないれね もどってね りん」と書いてありました。いなくならないよ~家出じゃないから! でも心配だった気持ちは伝わるよ……

休み中は、ダンナの実家にいってまたひと暴れしたり、サンストリートというショッピングモールにいったりと元気に過ごしていたもよう。

「パパね~何にもしなかったけど、洗濯はしていたよ!」という娘の言葉どおり、ダンナ洗濯をしていた! 部屋のなかは目もあてられない惨状にはなっていず、花も枯れていない!
当然といえば当然ですが、ちょっと感動。。

しかし……

遊ぶのに必要だったら、ここから使って、と袋分けしてるレジャー費残り10000円を渡しといたら。

全部使い切っていた。

あ~渡すんじゃなかった~! 






ブログを本にする?

このブログをはじめたきっかけのひとつは、何か娘に関する記録を残しておきたい、そして娘が大人になったときに、あらためて渡したいというものでした。

はじめに思い描いていた構想は、赤ちゃん時代にさかのぼり、その時々のエポックメーキング的なこと(初めて寝返りできた!とか)を織り交ぜた日記に写真をつけて、本っぽいノートにひとつにまとめておきたいな~とか思っていたのですが。。

一向にできない思い始めて2年がたっても重い腰があがりません。

でも、ブログならけっこう簡単に本にできるんですよね。
どんな内容であっても自分がOK! なら、1冊から注文できます。

ココログでも、ココログ出版というのをしています(それもあって、ここに一気に過去の記事もアップしちゃったんだけど)。でも、選べるのは、期間だけ(ここからここまでの期間を本にする!というふうに指定)。

私がいいなあーと思ったのが、マイブックス
けっこういろいろなサイズ(B5、標準のB6、文庫サイズ、ポケット版)選べるし、カテゴリも複数選べる。値段も、標準サイズ100P(カラー)で、3750円。

本にしたくない記事は、注文時に非公開にしておく、ということもできるらしい。
またたとえば、0歳の記録がないので、そこを加筆したい!と思ったら、下書きでその過去の年月にして入れておき、非公開にしておいて、注文するそのときだけ、「公開」にするということもできるみたいです。

夏に5歳となった娘の赤ちゃん時代にさかのぼるのはちょっと難しいけど、簡単なもんならできるかも? とちょっと思っちゃいました。

また、写真を本にする! というのもあって、両親へのプレゼントなんかには良さそうです。

フォトバック 
マイブック 
iPhoto - フォトブックス

あたりが良い感じです。家のパソコンには、iPhotoのソフトがあるので、これは一度してみたいな。

ところで、今日から2泊3日、リンが生まれてから初めての出張です。は~大丈夫でしょうか。いろいろな意味で心配ですが、仕事なのでしょうがない!

将来は「女王」

「将来なにになりたい?」とお風呂に入っているとき、なにげに娘にきいてみました。
すると、しばらく考え……

 「女王!」 とのお答えが。。

      

あの、よくある「お姫様」とかではなく~?

「で、女王になって何したいの?」ときくと、

「女王になって子ども生んだり~」と意外とノーマルな答え。そうか~それって女王バチとか女王アリからくるイメージですかね?

前は、「動物園のお仕事!」とかいってて、そこには働きもののパタパタさんやみずみずさんがいてとても楽しい世界なのよ� 云々とお話をきかせてくれましたが、
今は女王。まあ、今後が楽しみです。


こんなリンは、また寝る前にこんなことをいっていました。
「今日ね~、元気ない○○くんと○○ちゃんにスマイルスマイルってこうしたよ!」
ゴーオンジャーを見ている人ならわかりますが、ゴーオンイエローのさきちゃんがほっぺをむぎゅっとして、無理矢理顔を笑わせるあれです。私もよくやられますが、半端なく痛い。
「それでね~まい君には、今日はチュッってしちゃった! そしたら逃げた~キャハハ(笑)」
そりゃびっくりするよ。ごめんね、まい君。もう天然パワー炸裂。
「だって好きだからね!」と本人は動じない。

「じゃあ、憧れのお兄ちゃんには、できる?(過去記事)」ときいてみたら、
何かもじもじし始めた。

それは、それは……恥ずかしくてできないよ!」

やっぱりお友達と、あのお兄ちゃん(時に王子様という)とは、レベルが違うのね……
その後、いかにも秘密の話をするけど、恥ずかしいから内緒ね! という感じなので、
何何? と興味深々できくと、

その王子さまらが遊んでいるときに、「い~れ~て」といったら一緒に遊んでくれたそうで、「もうしあわせだったの!」だって。
暴れん坊の娘でも、こういうときはいっぱしの女の子なのよね~不思議です。

獰猛カブト虫の今後

家のカブト虫、だいぶよたつきながらも10月に入り、まだ生きています! このカブトは、7月ごろ、用もないのにモデルハウスをうろついていたときに、景品でもらってしまたもの。その後、娘がメスも欲しいというので買いにいったら、メス&オスでなくては、買えないというので、計3匹の世帯になりました

その後、けんかが勃発したようで、新しく買ったオスが、モデルハウスカブトに勝利、(けんかに負けたモデルハウスカブトは永眠)、メスもそのうち姿を消し、どうしたのかと思っていたら、
カブトの頭があったの!」
カブトがカブトが食べていたの!」と娘が続々衝撃の報告を。。私もみました。カブトの羽を加えているカブトを……

もしや共食いΣ( ̄ロ ̄lll)

そんな生き残り獰猛カブトに、娘リンは、すっかりお世話を放棄してしまい(というかハムスターに興味がうつり)、私が毎日ゼリーをあげています。最近は食べ残しが多いけど。。

この獰猛カブト、いったいいつまで生きるのでしょうか。。

しかし、娘は虫やら(もっと小さいころはだんご虫命)動物、恐竜、魚も大好き。この興味はきっとパパ系です。

「動物奇想天外!」も何より大好きだしな~自称動物博士。

犬や猫が飼えたらいいのだけど、うちのマンションは、飼育禁止ってのが残念です。(。>0<。)

ツイッター
ここで近況をつぶやいています
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ほず

Author:ほず
保育園年長の娘(リン)、ひとつ年下のダンナ(自称ワニガメ)、東京の片隅に暮らしてます。37歳で娘を出産、遅め育児の進行中、自転車&バスでのお出かけ大好き、娘とリンリン、どこでも参上いたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。