スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誉め上手

うちの娘は、保育園でも「おかわり!」をしているらしいです。

そんなだから、昨年のお誕生日カードには、
「食べるのだ~いすきなりんちゃん、たくさん食べて大きくな~れ♡」と書かれていましたし。。

前に、とても大好きなおやつが出て、いつもの調子で「おわかり!」したら、
おかわりがないことがわかり、落胆する娘。
そのおやつは肉まん。(←大好き)

迎えにきたパパは、「肉まん買ってあげてくださいね!」と先生に懇願されたらしい。
そんなに落胆していたのか!娘。

そんな娘、料理の味には、自分なりの価値基準があるけれど、それが手をかけたものかどうか、というのはまったく関係ありません。

たとえば、、ある日の休日の朝食。

卵焼きとウィンナーと温野菜サラダという、これ以上ないという簡単ぶり!
唯一の変化球は、卵焼きに昨日の残りのハヤシライスとかチーズとかをかけただけでございました(^^;)

しかし、ひと口食べたりんは、

おいしい! ママ、なんでこんなにお料理上手なの!?

「りん、ママのお料理食べるとしあわせになるの」 

(゚Д゚) 

そ、そこまで最大級の賛辞をいただくとは! この卵焼きに!!

そのうえ、「ママありがとう」
などと、目をくりくりさせていわれた日には、ほんとに母感激で死にそうです。

料理について、何か一言(文句)をいわずにはいられないダンナとはほんと対照的。。

でも、レシピ本みてつくってみた、栗入りの和風パエリアとか、全然反応薄かったです。

茶碗蒸しもだしがまったくきいてなくて大失敗。

しかし!娘のいいところは、その失敗料理でも、「まずい」という言葉を避け、

「あのね、りんはやせているからね、これはあんまり食べられないの」

とか遠まわしの表現をするのです。おかわり常習の娘が食べられないわけないっての!

「美味しくなかったかな~」というと、(ダンナなら即「まずい!」というけれど)

娘は、「うん、ちょっぴり、ちょっぴりね、りんにはあわないって思ったの」

なんていうのですよ。

といっても、食べやしませんけど。。
そういうときは、代わりに、「納豆食べる!」と納豆食べて満足しています。

なんて安上がりな!!

娘を立派なグルメに育てるために、母はもう少し精進したいところです。。




スポンサーサイト

テーマ : 働くママの育児日記
ジャンル : 育児

ツイッター
ここで近況をつぶやいています
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ほず

Author:ほず
保育園年長の娘(リン)、ひとつ年下のダンナ(自称ワニガメ)、東京の片隅に暮らしてます。37歳で娘を出産、遅め育児の進行中、自転車&バスでのお出かけ大好き、娘とリンリン、どこでも参上いたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。