スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケ対決

娘:りんは、ジャイアン並みの素晴らしい歌唱力で、ほんとによく歌っています。

なのに、私が朗々と「翼をください」(←娘が小さいころは、この歌でよく寝付いた)
などを歌おうものなら、口をふさがれ、あわわわ状態。

おいおい、私をなんと心得ている! 

カラオケボックス普及前にも、カラオケマニアな日々を送ったこのワタシを!!

カラオケボックス普及前、80年代ですか。
歌える喫茶店? が学生のころのいきつけで、(時代を感じさせますね(^^;))で、よく友人らと歌っていました。

マイクをもっていざステージへ! 
友人がソプラノボイスで壮大に歌いきる「ギンギラギンにさりげなく (Byマッチ)」とか、なんか懐かしすぎ(^_^;)
(そうえいば、その喫茶店のマスターは、だれかが歌うと必ずタンバリンをもって踊ってくれていたわ)

まあ、その後も、カラオケボックスができてからは、食べて歌えての極楽空間で、友人らと集まるとよくいっていたり。。

職場でも、娘ができるまではカラオケマニア同士で時々ストレス発散。

そんなわけで、娘に口をふさがれるいわれはないわけで!?

一度、カラオケボックスでワタシの実力をわからせてやるわ!(←迷惑)と思っていたところ、娘いきつけの室内プレイルーム(そこは釣りとかできちゃう)で、ゲームのカラオケボックスがあることを発見しました!

「じゃあ、りんが歌うね!」といってはじまったのが、

「ぞうさん」byりん

声はでかい、はっきりと。しかしのびのびしすぎて、音程はずしまくっています。

判定は…

「84点」
鐘がたくさん鳴り響いています! ででっ

りんに次、ママがやってもいいよ~といわれ、よしっと満を期して挑戦!

「踊るポンポコリン」Byハハ

けっこう力はいっていました。だって久しぶりですし。



なのに…


「カーン 鐘一つ!?(点数は低すぎて記憶から消えた)


どういうことでしょうか!? 

5歳児に敗北を期した、カラオケマニア(だった)私でした。

でも、ゲーム機が特殊なのではっ(往生際が悪いな)

更新の励み(になるか?)にするため、ランキングに参加しました。
↓ポチっとしていただけると嬉しいです(^-^) ランキングバナーをおもちの方には私も応援させていただきます。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 5歳児の日常
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アハハ~゚( ゚^∀^゚)σ゚。オモシロスギッ!
でもりんちゃんの84点ってすごくないですか?
カラオケの点数ってなかなか渋いつけかたしますからね~!
子供で84点ってほんとすごい!
ママさん・・・orz
そのカラオケ機大人の声に妙に厳しいとか???( *^艸^)
あ~ユリアもカラオケ大好きなんですよ!
ノドがむずむずしてきました~~~♪
翼をくださいが子守唄だったなんて素敵♪うちは大きな古時計でした( *^艸^)
v▼・。・▼σポチッ♪

No title

私もカラオケボックス普及前、カラオケのあるお店で歌ってました。
歌はまったく才能のない私なのに、
今思うとよく知らない人の前で歌ってたなぁ。
(ギンギラギンに…も歌ってました・笑)
タンバリン持って踊るマスターというのもなんだかいいなぁ(笑)

ゲームのカラオケは元気声に点数が甘いんですよ、きっと!

ユリシスさんへ

このカラオケ、昨日もやってきましたよ~。
娘は「とんぼのめがね」に挑戦し、今度はかね2つ「惜しいね!」でした
最後のと~んだ~か・らの「ら」のパンチが足りなかったか? 
わたしは歌わせてもらえませんでした(^^;)
大きな古時計、いいですよね。私もよく口ずさむんですよ。
特におじいさんとのお別れにあたってのくだりがうるうる…

makoさんへ

えっmakoさんも、カラオケ以前のあのステージに!
ほんといま思うと、私も人前で(それも関係ない人も含め…)よく歌っていたなあと(^^;)
ギンギラギンにさりげなく、とか声楽のレッスンもしていたという友人が歌うと、
すごく大受けでしたね(笑)
そう、タンバリンをもっていたマスター、ほんとにすぐ踊ってくれて、いい人でした。
ゲームのカラオケはね~確かに、音程のはずれとかは採点にはいってないかも。。


ツイッター
ここで近況をつぶやいています
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ほず

Author:ほず
保育園年長の娘(リン)、ひとつ年下のダンナ(自称ワニガメ)、東京の片隅に暮らしてます。37歳で娘を出産、遅め育児の進行中、自転車&バスでのお出かけ大好き、娘とリンリン、どこでも参上いたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。