スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りん事件簿:警察官がわが家にやってきた!

土曜日は、先週に引き続き、地元のサッカーチームに参加しました。

先週はたらたら親子で遊んでいましたが、今週は妙にうまい、1年生のお兄ちゃんたちが場をしきる、試合にも2回参加。

DSCF1221(変換後)

最初はボーゼンとたたずんでいたのみの娘ですが、最後にはそれらしく走り、
「6回ボールにさわった!」と喜んでいました。

午前中、いっぱい体を動かして疲れたのか、その後お昼ごはんを食べて家に帰ったら、
うとうとしてきた娘……

すでに休日はまったくお昼寝をしないのに、これはかなりめずらしい!!

その日私は自転車の鍵をなくしてしまい、そのスペアもないというていたらくでした。
しかし日々の暮らしに自転車は必須。早く、鍵を取り替えに行かねばならないと思い込んでいて、

りんに「自転車屋さんまで一緒にいく?」 と誘ったら「眠いからいかない、待っている」ということで、
別室にパパがいたこともあり(でも熟睡)

「すぐ戻ってくるからお昼寝してまっていてね」と言い残して、
ソファーで寝るりんに、布団をかけて、自転車屋さんへと向かったのです。
これがすべての悪夢の始まり。。。

自転車屋さんは、自転車で行けばすぐの距離でした。

しかし、とりつけた鍵が簡単にとれずに、
なんと、かついで持っていくはめになりまして、これがまた重いし、少し歩いては休憩…していたら、亀の歩みのようにのろい…

やっと着いて、自転車を修理。途中で保育園のママに会ってちょっと話したり。

久しぶりのお昼寝だから、お菓子でも買ってくつろぐわ~♪ とコンビニに寄っておいしそうなものを物色したり。。

かなりのんびりと、帰ってきてしまいました。

家に帰ったらしーんとしている。寝てる寝てる♪ なんて思っていたのですが、

布団が下にばしゃっと落ちている。布団のなかは空洞です。家中探してもどこにもいない。

なのにジャンバーは、置きっぱなし

パパはまだ寝ているよ!! 

トイレ、お風呂、押し入れ、ベランダ、どこを探しても
本当にいない!!

まっまさか誘拐!? そんなわきゃないのですが、鍵かけてなかったし、
この寒いなか、薄手のニットだけで出ていく?

とあせって玄関をみたら、靴はなくなっています。

ということは、自分で外に出た

もうあせりました。まっさきに自転車をのって、行きそうな界隈をぐるぐる
探してみたけれど、どこにもいない。

クレヨンんしんちゃんなら、5歳児でもわがもの顔で近所を一人で散歩しているけれど、

やっぱりまだ一人で歩き回るには、この世界は危険に満ちあふれています。
交通量の多い道路だってあるし、悪い人だっていないとはいえない。

そのうえ、最近起きた幼児の悲しい事件などがフラッシュバックし、いてもたってもいられなくなりました。

パパを起こしたら、警察に連絡して!といって外に出ていったので、私も警察に電話。

事情を聞きに、いえにくるというけれど、なかなか来ないというのでまた探しに行こうかと門の前でうろついていたら、

なんとパパが警察官3人を連れてやってきた。

あれ、探しているんじゃなかったのか…夫婦で警察に連絡してどうする…

なんか、パパは机に残された書き置きを一瞬みて、誘拐もありえるのでは! と思ったらしい。
(その書き置きってのは、以前、ブログのネタのために走り書きしたワタシのメモ&娘の象形文字でした(^^;)

まあ、警察官は比較的冷静で、それは迷子ですね…といいながら、いろいろと服の特徴などをきいてくれて。

もう2時間くらい経過しているし、いったん部屋に戻って、空洞の布団をみながら、

どんどん最悪の妄想が広がる…

泣きました。ああ~、私がコンビニでバナナワッフルなんか買っていたから~(涙)

すると…

「いたぞ~!!」と住宅街で叫ぶダンナの声……

いました! りん、帰ってきました

顔を真っ赤にして泣いています。

しかし、初めはえへっって感じでニコニコしながら門の前で顔をのぞかせていたらしい。
そこでパパに怒鳴られ、警察官が3人もいることに、また驚き。それで初めて号泣。

何はともあれ、無事だったってことで、親子で抱き合って号泣…

しかし…警察官よんじゃったり、パパは誘拐をも視野に入れ、
警察の人にへんなことを口ばしったりと…


∑(゚∇゚|||)


今思うとほんととんだお騒がせでした。

しかし、りん2時間近くもどこに散歩していたのか!

本人によると、「ママが帰ってこないし、パパは寝ているから、探しにいくことにしたの」

しかしジャンバーも着ないで~?

「でも、歩いているうちに、寒くなくなったよっ」

初めは「言いたくない」といっていた散歩ルートも、その後、徐々に明らかになりました。

私がいくといっていた自転車屋、お友達と、あとでね~と約束をしていた公園、そしてよくいくスーパーマーケット、また別の公園、そしていつもいく保育園の前も通って…ぐるぐると。

「お庭に加藤先生がいたから、あいさつもしたの」だって。一人でうろつくところを見られていたのね。しかし、先生さぞかし不思議な光景だったと思います。。

子どもの足を考えるとけっこうな距離です!

その後、1日たってから、
「不安じゃなかったの? いや怖くてドキドキするような感じはなかったの?」

ときくと、「ううん」

「じゃ、じゃあ、ワクワクする感じ?」

「うん!」おいおい!! ワクワクしないてください! こっちはヒヤヒヤでしたよ!

2歳のときも、ディズニーランドで、レストランを脱走し、ひとりきりで、けっこうな距離を周遊していた娘だからな…

こんなことも十分ありえるとはあとになれば思いますが、

いなくなったときには本当にあせったし、もうりんとの思い出が走馬灯のように浮かんだんですよ!

こんなお騒がせをしてしまいほんと恐縮な土曜日でした。
みなさまもお気をつけ下さい(ってこんなお騒がせはめったにないですよね(^^;)(^^;))

最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しました。
↓ポチっとしていただけると更新の励みになります。(^-^) ランキングバナーをおもちの方には、訪問時に私も応援させていただきます。
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村   
↓こちらも参加しました



スポンサーサイト

テーマ : 保育園児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あわわわわわ・・・・こちらまでドキドキ緊張してしまいましたw
普段何もないときでさえ悪いこと思い浮かべちゃったりして不安になる時があるくらいなので・・・
本当に本当に何事もなくてよかったです!
もう、たぶん寝るだろう・・・とか思えなくなりましたねwww
もしユリアが同じようにいなくなったらと思うともう怖くて怖くて!
あとで笑い話でもいいじゃないですか・・・警察呼んでも何しても!
とにかくりんちゃんに何もなくてよかったです!
でもりんちゃんすごく落ち着いてる感じがしますね・・・
ユリアはまだ挙動が怖い(急に飛び出したり・・・)のでビックリしました!
PS:ユリアのブレスレットをめでたく救ってくれたのはワンちゃんではなく
ディラン(私の兄)でした・・・あはは~♪
v▼・。・▼σポチポチッ♪

No title

冷や汗物の経験でしたね~。何事も無くてよかった!
最近はいろいろ物騒ですもんね。

うちも長男が3歳の時、人ごみの海水浴場で
いなくなっちゃったことがあって・・・
(ママがいないと思い込み、パニックで走り回ったらしい)
今もゾッとする思い出です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

きやぁぁぁぁ~~っっ!!!大変っv-12
ホントにホントに無事でよかったですねっっ!!!
もしウチの子が勝手に家を抜け出したら……
もう、パニックになって、泣き叫んで倒れちゃいます、私、絶対☆
それにしても、りんちゃん強いですね♪びっくりデス☆
ウチの6歳より、ずっとずっと大人☆

しんちゃんで思い出したんですけど、
しんちゃんが始まった頃は、ちょうど私の弟が幼稚園生で、
やっぱり一人でウロウロ遊び歩いてたなぁ、近所を。
今じゃ、たとえ近所でも油断できないですもんね…。
子供からしてみればつまんないですよね、こんな世の中。
もっと平和になってくれれば…と、いつも思います…☆


No title

無事で何よりでしたね。
自分のことですけれど、小さいとき家に泥棒が入った疑いがあって、すごく怖がっていたらしいのですけれど、それがきっかけで、たまたま家の鍵を全部閉めてしまって、他は誰も入れないということをしてしまったと、後になって母から聞いたことがあります。
自分はよく覚えていませんが、すごく怖かったのだろうと思うので、りんちゃんももしかしたら同じ思いをしていたのかも?と思いました。

ユリシスさんへ

あとで冷静に考えると、せめて暗くなったら警察に連絡すればよかった~とか、
思うのですが、最近ぶっそうな事件も多いし、すごくあせってしまったんですよね~
あと、ここ最近ポストに意味不明の手紙が時折入っていて、(ほかの小さい子どものいる家庭にもきたらしいんだけど)ということもあり、ついつい妄想が。。ほんと何事もなくよかったです。
娘はちょっと好奇心旺盛あまって向こう見ずというか考えていないのか~

PS:ひえ~ディランさんの活躍をなきものにしちゃってごめんなさい~
何かユリアちゃんをみつめるラブちゃんの写真をみていたら、脳内変換しちゃったらしい。。

mako さんへ

いや~本当に最近物騒な事件が多いし、幼児にまつわる悲しい事件をきいたりすると、
ついつい涙目になちゃうんですよね~
まあ、でも娘はもうほっとくと、一人でもいろんな(それもかなり広い範囲)とこにでかけて、
歩きまわれることを再確認しました。これは油断できないなと…(って油断しすぎていたんですけど(^^;)まあ、すでにお出かけ先でも迷子常習犯だったんですけど…
長男くんが、海水浴場でいなくなっっちゃったってのは、確かにぞっとしますよね!
人混みも多いし、やっぱり海っていうのがこわいかな~。無事で何よりでした。




ME-Q さんへ

何か、自分でも一人でおでかけできるもん!って感じで堂々と出かけてしまったらしい。
(それにしては上着も着ずに…)
大人というよりちょっと向こう見ずすぎる~!私も油断しすぎでした~。
身体はでかいんですけど、中身はまだまだ幼児なんで、ひとりでふらふらと何時間も出かけられると本当にあせります(ってあせりすぎでした)
そういえば、私も小さい頃は、近所なら一人ででかけていました
(でも、今回の娘のような距離は歩けなかったな~)
昔も誘拐事件とかはあったとは思うけれど、おおらかだったんですかね。

ななこさんへ

ええ~小さいころに泥棒が入った(疑い)なのですか。それはこわい。
私もひとり暮らしをしていたころ(ってかなり大人ですね)、泥棒に入られたことがあり、
本当に恐ろしいというか、いや~な気分(自分の家に見知らぬ人が勝手に入るなんて~)
だった記憶があります。
小さい頃ならなおさら恐怖ですよね。家の鍵を全部かけちゃうってなんかわかるな~。
といってもほかの人が入れないってことまでは、小さいと知恵がまわらないんですよね(^^;)

娘も、確かに、家のなかでふと目覚めると、自分が一人って感じで(実際はパパがいたが爆睡)
不安になったってのもあるかもしれませんね。

No title

ほんと慌てられたでしょうねー。何事もなくて、後から振り返ると、「なんであんなに・・・」と思いますが、その時は、何が起こってるか分からないっ状態ですもんね。でも、こういう時に、ご両親の愛って分かりますよね。りんちゃんも、またちょっと大きくなって、また、自分が子供を持って、この事件の事を聞いたら、きっと、愛されてるって事、再認識できると思います。

何はともあれ、お疲れ様でした^^

No title

最初から、何が起きたのかと、スリルを感じて読んでいきました。
娘さんは、誘拐されたのかと思うわけですよね。勇敢な、子供ほど、又、なつっこい子供は、親として、ハラハラさせられます。臆病なほうがよほど、安心するものです。しかし、臆病より、元気な、行動をする子供、が、将来、楽しみです。世の中が、こんな世相だから、困るのです。思いっきり遊ばせてやりたく思う意見です。☆

玄ママさんへ

あとから振り返るととんだお騒がせだったんですが、そのときは本当にドキドキしてしまいました。
いや、すべてがオーバーリアクションでしたね~(恥)
しかし本人は、そんなに大ごとになっているとは思わなかったみたい。
でも、その後は「もうその話はやめて~」という感じで、
保育園の先生にパパがそのエピソードを話したらやっぱり、
やめて~恥ずかしい~という感じだったみたいです。

確かに彼女が大きくなったら、このことは事件簿としてネタにできそうです

荒野鷹虎さんへ

そうなのです、ほんとにもっと小さいころから、好奇心旺盛というか、知らないところでも
別のとこには何があるんだろう?という感じで、すぐ迷子になっちゃうような子どもで(親の管理も悪いのですが。。)
ほんとに誘拐を疑ったりして、今思うと笑い話なんですけどね(^^;)
確かに、私が子どものころは、5歳くらいだったら近所をひとりで歩いていました。
まあ、すごく限定的な範囲ではあれ。。
世の中、怖い事件が多くてついつい過敏になってしまうという面はありますね~。
ツイッター
ここで近況をつぶやいています
カレンダー
03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:ほず
保育園年長の娘(リン)、ひとつ年下のダンナ(自称ワニガメ)、東京の片隅に暮らしてます。37歳で娘を出産、遅め育児の進行中、自転車&バスでのお出かけ大好き、娘とリンリン、どこでも参上いたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。