スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪大きなのっぽの古時計♪

最近、よくうたって!とせがまれる歌があります。

「大きな古時計」

私が子どものころも、学校で習ったし、平井堅だって歌っている。

娘はどこで覚えたのか、何気なく私が歌ったからか、気に入ったらしい。
ジャイアンな娘は、もちろん歌いこなしたいはずですが、何か難しいらしく…私に要求してくるのです。

そんなわけで私が朗々と歌います。

いつもは私が歌うと口をふさがれて、あわわ状態になるのですが、ちゃんと聞いてくれるのが嬉しいわ。

♪大きなのっぽの古時計 おじいさんの時計♪

でもね、歌っていくうちに、自分でほろりとしてくるんですよ。
 
おじいさんの生まれた朝に、買ってきて、おじいさんの100年といっしょにチクタクチクタク動いていたんですよね。

その「嬉しいことも悲しいこともみな知っている時計」は、

天国に登るおじいさん、時計ともおわかれ~した後

♪今はもう動かない、このと~け~い♪ ううっほろり。。

感情移入して歌っていると、必ずりんは、

「ねえ、どうして時計は動かなくなったの?」ときいてきます。この答えが堂々巡りで…

母「それはおじいさんが天国に昇ったから、時計も動かなくなったんだよ!」といっても、

りん「えっなんで、なんでおじいさんが天国だと時計が動かないの?」

母「それはね…いつもいっしょだったしね~」

りん「え~なんでいつもいっしょだったら動かなくなったの?」

もう~この大きな古時計のソウルがわからないの!!

ちょっと方向をかえて、

「それはね、チクタクチクタクって心臓の音に似ているでしょ…きっと、おじいちゃんの心臓と時計の心臓は同じだったんだよ。おじいちゃんの心臓が止まったときに、時計も動くのをやめてしまったんだね…」

(ちょっと自分で説明しながら微妙な違和感…この説明、失敗?)

りん「え~なんで、時計は違うよ、人間にははハートあるけど、時計は心臓なんてないもん!」

それでりんに聞いてみました。

「じゃあ、りんはどうして時計が止まったと思うの?」

りん「ああ。それは時計の電池が止まったからじゃない?

(゚Д゚;)

ここまでひっぱるわりには、超現実的なお答えが…だったらきくなよ!

ああ、でも古時計は電池じゃなくて、ぜんまい? 

(ぜんまいの説明するのも大変なのでフェイドアウトしてしまったりします)

しかしですよ、自分で電池といって完結しておきながら、この時計の歌を歌うと、
また質問してくるんです。妙に気になるようで…

なんでなんで…はある時期から増えますよね。
なんでも多いけれども、最近はクイズを出されて親の知識を試されるので困る。

タコの足は何本?とかありの足は何本?とか、てんとう虫の足は何本? なんてクイズだされます。

てんとう虫?? たこは簡単、8本、あれ8本ですよね? 

そのわりに、娘のたこづくしの絵、全部足3本です(^^;)
IMG_4489(変換後)2

追記)ところで、大きな古時計、原歌詞では、おじいさんは90歳で天国に召されたらしいですね! 知らなかった~

最後までお読みいただきありがとうございます
更新の励み(になるか?)にするため、ランキングに参加しました。
↓ポチっとしていただけると嬉しいです(^-^) ランキングバナーをおもちの方には私も応援させていただきます。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 5歳児の日常
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

私もホロッとします

わかります
♪今はもう動かない、このと~け~い♪ 
鼻の奥がツーンとするような感覚
りんちゃんの解釈も現実的ではありますが、そこがまた、子供のいいところ!大きくなるにつれて変わっていくもんですよね~
私はお話を読んでいてドラマ「絶対彼氏」の速水もこみち君の顔が浮かびました アハッv-398
イケメンロボットと大きな古時計の共通点は機械?なのに心を感じるところでしょうか

ありますね~、なんで攻撃。
しかし時計が止まった理由が電池って、確かに日常はそうですから、よくわかってるなぁと思ったら、なんでのループしちゃったんですね。
忘れちゃったのかな。
うちは年令的に理解できない分、答えた直後になんでと聞いてきますが、やっと答えたなぁと思ったら、すぐ「なんで?」を言うので疲れます。(;^_^A

りんチャンの疑問は可愛い素直な事で頭が好い証拠でしょう。!お母さんも勉強しないとついてゆけなくなりますねー☆

ぷぷぷっお嬢さん可愛すぎるv-10
とっても堅実なお答えに噴き出してしまいました。子供の発想はホント面白いです。

ポチして帰ります~♪

こんにちは。
気になること、うちの娘も、何度も質問してきますよ。
面倒くさがらず、工夫しながら答えているほずさん。
私も見習いたいです。

あら♪りんちゃんの質問攻撃に対抗するには難しい内容ですね!
哲学的な感じですしね~^^
この曲は私も小さい頃から大好きで・・・ユリアが小さい頃、子守唄でもよく歌いました♪
実際にイギリスのホテルにある時計の逸話から生まれた歌なんですよね^^
その逸話聞いたときは背筋がゾクッとしたものです!
原曲が90歳だっていうところは初めて知りました^^
たしかに子供の質問攻撃は対応にこまったりしますよね!
子供(幼児に限ると思いますが^^)は正当な答えを要求してるわけでもない・・・
なんてことが何かに書いてあったのを読んでから結構夢みたいなこと答えたりしちゃってます^^
あとは「ユリアだったらどう思うの?」なんて返したり♪
ユリアも最近クイズ大好きですよ!
特に最近自分が答えのヒントを言うのにはまってます^^
答え解ってるのに何回も同じ質問することやヒントの出し方相当笑えてます♪
v▼・。・▼σポチポチッ♪

そうそう!プリキュアですが・・・
ユリアもラブ(ピーチ)がいいみたいですよ♪
モコモコのはシフォンのほうですかね?^^
プリキュア5のときは黄色のキュアレモネードが一番でした♪
v▼・。・▼σポチポチッ♪

アハハ☆電池切れ!!!
爆笑しちゃいました♪
子供の一言って、ホントにウケますよねっっ♪
ホントは90歳で召されたんですね~知らなかった!!
お勉強させて頂きました☆ポチ☆

アイアルさんへ

そうですよね~何か素朴ながらも、ツーンとくるものがあるんですよ。この歌には!
娘も、何か不思議な魅力を感じているものと思われます。
「絶対彼氏」は見ていませんでしたが、ウワサにはきいております。もこみち君かっこいい…
ロボットといえば、私は、スピルバーグ監の『A.I.』を思い出します。
あの子役の演技にやられ号泣でした。。

ななこさんへ

なんで、てほんとに多くなりますよね。でも、いちばん多かったのは1年くらい前かなあ。。
あと、自転車は何でできているの?とか…それはいいとしても「木」はなにでできているの?とか。木は木だよ!と叫びたいのですが(^^;)
電池は、いろんなところで活躍しているので、いちばんわかりやすいんのでしょうね~
答えた直後になんで?ってよくわかります。で、終わらないんですよね。。

荒野鷹虎さんへ

確かにいろいろきかれると、自分の知識のなさが露呈されることがあります(^^;)
足シリーズでも、くもの足とかありの足、6本だったような?
図鑑を買おうかとも思っていますが、実際に外でみさせて、ほらーってみせるのがいちばんよさそうですね。古時計の歌なんかは、なかなかわかってもらえなくて…(^^;)

ayui さんへ

「電池」ってのはありですよね。とても堅実な線です!
しかし大きなのっぼの古時計が電池で止まったらお話的に困るでしょ~~!
と思うのですが(^^;)
子どものいうことってなんで面白いんでしょうかね? 
そのうち、なんで、ってきかれなくなったらなったでさみしいのかも~

はる★ゆうママ さんへ

やっぱり質問してきますか~
疑問の多いお年頃ですよね! 
でもなかなか納得してくれなくて、話が終わらないと、
あっ!そういえば! なんてほかの用事で逃げてしまったこともあります(^^;)
大きなのっぽの古時計も心ゆくまで歌いたいんですけどね~

ユリシスさんへ

イギリスのホテルってことは、実際にあったお話なんでしょうか?
本当に大切に、一緒の時間を育んできたものって、たとえモノでも、心が宿るような気がするんですよね。ほんとに好きなものは大事にするように教えないと!
あ~確かに幼児は正当な答えばかりを要求してるのではない、ってそうかもしれません。
夢みたいなことでも、夢を共有できていいかも♪ヒントの出し方…子どもなりにくふうしているところがいいですよね! ところでユリアちゃんもプリキュア ラブちゃんが好きなんですね♪
いちばん正当派でかわいいものね~

ME-Q さんへ

90歳で召されたってのは、私も知りませんでした。
訳者が、どーもゴロがよくない、というので100歳に変えたらしいです。
平均寿命があがった今、やっぱり長寿~を感じさせるのは、90より100でしょうね。
100歳、しかしおじいさんが生まれた朝にやってきて…
100年か~あっ歌いたくなってきました、早朝に(^^;)
ツイッター
ここで近況をつぶやいています
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ほず

Author:ほず
保育園年長の娘(リン)、ひとつ年下のダンナ(自称ワニガメ)、東京の片隅に暮らしてます。37歳で娘を出産、遅め育児の進行中、自転車&バスでのお出かけ大好き、娘とリンリン、どこでも参上いたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。