スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ださくらだ!

桜、咲いてますね~! パ~っと世界が明るくふわーっとする感じ。
この時期になると、もうフラフラと出歩かずにはいられない。
というかいつも休日は出歩いていますけど(^^;)
こちらのほうは、微妙に満開の時期を逃しつつ、土日とお花見にいってきました。といっても遠出はせずに、近いところで…

これは、日曜日の近くの公園の桜です。出店で食べ過ぎ、晩ご飯が入らない。どれだけ食べたんだか

IMG_4554(変換後)2IMG_4573(変換後)2

土曜日は、初めて保育園のママさんらとお花見なんて企画がありまして…

その公園、とてもとても広い原っぱと大きな遊具はあるのですが、

まだまだ桜は若い感じ。

はじめは別のところにシートを敷いてスタンバっていましたが…

やはり子どもの見える位置ということろにうつったところ、
桜もなにもない、ふつーの木の下に落ち着きました。これってお花見!? まあ遠くに見えるからいいってことで!

子どもらは、自分たちは自分なりに基地を固めて、そこに徐々にお茶やジュース、
お菓子を移動。寝るためのベッド?も設営。

私らは話に没頭して、ビールも飲んだり食べたり、すっかりいい気分。
写真なぞ撮ることも忘れていたのですが、
子どもたちがカメラをもって撮っていました!
不思議な写真がたくさんありましたが、これはまともに写っているほう…

サングラスでふてぶてしく微笑むりん。↓ベッドらしいが痛そう。はみでているし…
DSCF1640(変換後)2

男の子たちは、時折やってきて、小さ~な野の花を小さな花束にして、お母さんに「ハイっ」と渡す。なんてキュートなの!
リんはというと、桜の花びらをシートにジャっと置いていくだけ(^^;) 

11時くらいから集まったのですが、5時半過ぎにやっと解散のムードが漂い、それぞれママたちも、子どもたちを説得して帰り始めたのですが、
最後まで強情に帰らなかったのがわが娘、りん。

最後まで一緒に逃げ回っていた男の子が帰ってからも、遊具から別の遊具に逃げ回る。
すでに暗くなった公園。いいかげん、私もキーッとなり、何度ももう帰るよ!と帰ったように見せかけたり、ちょっと怒鳴ってみたり、甘いお菓子でつってみたりしてもだめ。

最後にベンチに座るりんを追いつめると。
IMG_4542(変換後)2

泣いている

うっうっ(泣)もっともっとみんなともっとずーっと遊びたかったのにうっうっ

ひとり帰りひとり帰り。なんか寂しくなる気持ちはわかるけれどね。
でももう7時間近くも遊んで、もっとずーと遊ぶってそりゃ無理って話。

よ~く話をきいて、そーかそーかと話しあっていたら、本人もけじめがついたようで、
なんとか帰ることができました。やっぱり怒るだけじゃだめですね~。

このあと、帰りにドーナツを食べたら、さっきのセンチメンタル気分はどこへやら、満面の笑み。完全に立ち直っておりました


最後までお読みいただきありがとうございます
更新の励み(になるか?)にするため、ランキングに参加しました。
↓ポチっとしていただけると嬉しいです(^-^) ランキングバナーをおもちの方には私も応援させていただきます。
にほんブログ村 子育てブログ 保育園児育児へ
にほんブログ村


↓こちらも参加しました
スポンサーサイト

テーマ : 5歳児の日常
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

りんちゃんはお友達との遊びがとっても楽しかったんですね。
それで寂しくなっちゃったんですね。
とっても純粋で可愛い♪♪
真っ直ぐなりんちゃん、そのまま大きくなって欲しいです☆

うちも昨日家族でお花見に行きましたが、
着いた早々お弁当を食べて娘も私も眠ってしまいました。
なんだかなぁ・・・(笑)

りんちゃ~ん!りんちゃ~ん!(T_T)
なんてカワイイんだ!
そっかー、お友達が次々帰って、
楽しい時間が終わってしまうから、すごく寂しかった
んだね!
気持ち、すごーくわかるぅぅぅぅ!
でも、自分の子がダダこねたら、「こいつめ~」と
やはり怒ってしまったと思います・・
というか、うちも休みの間、何度か同じような
ことがあり、そのたび力づくで車に乗せてましたぁ(^^;)
また楽しい時間はやってくるよ!
大丈夫だよ、りんちゃん♪

桜の季節・・・ソワソワ、フワフワしちゃいます~♪
まだ3分咲きくらいのところが多いので満開が待ち遠しいです^^
りんちゃん最後の1人になっても暗くなっても帰りたくないなんて・・・
余程楽しかったんですね!
気持ちをわかってあげるだけで気分が落ち着くのって本当によく解るわ~^^
この場合はちょっと違うけど、たとえ子供が悪いことしたときも
まず肯定してあげると反省しやすいですものね!
立ち直り早いのはさすがりんちゃん^^
でもりんちゃん・・・改姓が「まぐろ」って!
そもそも改姓したいってどうして思ったんでしょ?^^
りんちゃんて発想豊かで将来が楽しみですね、ほんと!
ひょっとして哲学者?^^
v▼・。・▼σポチポチッ♪

あはは。。リンちゃんホント楽しかったんだろうね~
先日のうちらも親はおしゃべりにこどもは遊ぶのに
夢中で15人ほど集まった中で誰かが「そろそろお開きに
しようか?」って言い出さなかったらもっと続いていたよ。
最初は子連れ仲間や近所の主婦、お散歩がてら
休憩しながらお花見している人たちが多かったのに
気付いたら年齢層が高くなって新聞紙を敷き缶チューハイ
片手につまみを食べるおっさん達に変わってたもん(笑)

うちもグダグダ言う割に「じゃあ帰りに○○でも買って
帰ろうか?」の一言でコロッと態度が変わるわ(-_-;)

りんちゃん7時間も遊べるなんて
よほど楽しい一日だったんですね~
たぶんウチの娘たちも同じで、お友達と遊んだら7時間でも足りなくて、もう泊まろうって言いだすかも
元気で活発なりんちゃん、ご近所さんだったら絶対にお友達になれるんだろうな~~

とても楽しいお花見だったんですね。
最後までいたい気持ちは分かるけど、あとのことを考えると困りますよね。(;^_^A
うちも最後までいたがるので、みんなが帰らないと踏切りがつかないのですが、小さいときなら無理矢理抱っこして帰れたのに、今は自分の体力が追い付きません。
言われて帰れるお友達がうらやましいです。(>_<)

こんなに真っ暗になるまで遊んだんですね!!
ホンとに楽しかったんでしょうねぇ…。
子供って、うんうん、と話しを聞いてあげて、同意するだけで自分で心の整理がついてすっきりするみたいですよ☆ほずさんの対応、i-6
またこういう機会、作ってあげたいですよねぇ♪ポチ♪

nanan さんへ

本当に友達同士で基地つくったり、楽しかったみたいですねー。
いまはいつも親とお出かけだけれど、これから大きくなるにつれ、
友達同士で遊ぶことが増えていくんだろーなーと思います。ちょっとさみしかったり?いや意外な解放感があったり? 
お花見楽しそうですね。外で眠るのって気持ちいいですよねー起きたとき、はっ!とするけれど。
この間サンシェードつきのシートかってしまいました…、これなら存分お昼寝できそう…!

さえゴンさんへ

楽しい時間って永遠には続かないのよねーでも確かに次の楽しい時間が待っているから!
娘の場合はドーナツだったり(^^;)
さえごんさんの息子くんは、なかなか手強そうですね。なんか半端な力ではいけないような…
いえの娘も、もっと小さい頃から、遊んだ後に帰るときがひと苦労でした。とにかく、ぎゃーぎゃー泣いて帰らないと主張。どーにもならなくなると、小脇に抱えて強制退場したけれど、
今はでかくなってしまい、もう無理です。

ユリシス さんへ

まだ3分咲きとは、先が楽しみですねー。こちらはもう満開の時期が過ぎたかな…?
ほんとにこの日は最後まで抵抗していました~。最後に残った男の子と、何か話し合っていて、
その後また逃亡。追いつめた先で、ひっそりベンチに座っているので、どーしたかと
思ったらあの写真(^^;) 
まず肯定してあげる、って本当にそう思いました。話をきいてうんうんいっていると落ち着くんですよね。とはいうものの、自分の都合で怒ってしまうこともあり、日々反省なんですけどね。
まぐろ…私も理由が知りたい!!何かひらめいたらしいんです。ゴロがいい??

なっきーさんへ

ほんとに、しゃべるのに夢中で、5時すぎるころには、まわりが閑散としていて(^^;)
だれもいなくなってきたね~などといいながら、まだ居残ってましたよ~
食べて飲んで、ほんとお花見はいいです。
気づけば写真も撮っていなかったんだけど、子どもらが写真を撮っていて、なかには自分の後ろ姿どアップとか(もちろんカット!)
コロって態度が変わるってほんとそう!!りんもドーナツで満面の笑みでした。
子どもってシンプルなのよねー

アイアル さんへ

いま考えると、よく7時間近くも遊べるよーと…というか、それだけママたちも
外に居残っていたというわけですけど。。
しかしほんとに子どもの遊びって際限ないし、いつまでも走り回っていて、大人と心拍数違うのか、
どうしてそんなに全速力なのかと不思議でなりません。
元気はありあまってますよー。何か身体を使う遊び(プロレスとか!)でどんどんハイテンションになり、パパとの戦闘ではもーすごい状態になります。

ななこさんへ

もう暗いなかで、ぴょんぴょんいろんな遊具を逃げ回っているので、
もーいいかげんにしなーとキーッとなってしまったのですが、怒るとこういう場合、
逆効果なんですよねー。ほんとに小さいころから、そんな感じ。だからあのてこのてでなだめすかしていたのですが、そーいったことをまだ小さいころの保育園の連絡帳に書いていたら、
いつもサザエさん一家みたいですねと先生に書かれてええっ?なんて思いました(笑
抱っこ強制退場は、確かにつらい。…今何キロくらいですか? うちはもう20キロなので重くて無理!

ME-Q さんへ

真っ暗になるまで遊んでいたのは、うちの娘だけ(^^;)
最後まで抵抗していたもー一人の男の子も、真っ暗になる手前で
お母さんの自転車にのって帰ったというのに…!
確かに、話を聞いて、受け止めてっていうのは効果ありますね! 思う通りにいかなくてキーッとなるのは逆効果。これまでの経験からいってそうなんだけれど、つい感情的になることがあって反省です。りんも最後はベンチでしおれていたので、話をきくことができ、ほんとに無事帰れてよかったです。
ツイッター
ここで近況をつぶやいています
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ほず

Author:ほず
保育園年長の娘(リン)、ひとつ年下のダンナ(自称ワニガメ)、東京の片隅に暮らしてます。37歳で娘を出産、遅め育児の進行中、自転車&バスでのお出かけ大好き、娘とリンリン、どこでも参上いたします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。